平和な世界になってほしいと願い、愛と勇気をもって立ち上がった12人の女性が紹介されてた本です。貧困、不正、搾取、差別。今の日本では考えられないようなことが、まだ世界中で起きています。それが命をかけるような壮絶なことかもしれません。

しかし、確実に世界が平和へと近づいているのは、こうして理想を現実のものにしようと闘ってきた人が必ず存在するからです。

マザー・テレサや、「もったいない」で有名なワンガリー・マータイ」などのノーベル平和賞受賞式の時のスピーチが読める貴重な一冊です。教会2階の本棚に置いてありますので、ぜひお読みください。

Share